過去の展覧会



アルスギャラリー10周年記念

『大竹寛子展 「 始まりと終わりの同一性 」

日 程 2012年4月3日(火)〜4月15日(日)
  月曜休廊
大竹寛子〔Ootake Hiroko〕

プロフィール
1980年  岐阜県生まれ
2006年  東京藝術大学絵画科日本画専攻 卒業
卒業制作 帝京大学買い上げ
第33回 創画展 入選 (東京・東京都美術館、京都・京都市美術館)
2008年  東京藝術大学大学院美術研究科日本画専攻 修了
2010年  第19期佐藤国際文化育英財団奨学生(佐藤美術館)
2011年  東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程 日本が研究領域 修了
美術研究博士号取得
現在  東京藝術大学絵画科日本画 教育研究助手
さらに詳しく>>>
作 品 日本画
コメント

私は、日本画という手段によって、共通の認識としての普遍的・恒常的な何か、また逆に1秒後さえ分からない不確かさを観る側に予感させることができるのではと考え制作しています。私がモチーフとして扱う蝶や風景に重ねるイメージは、止まる事のない時間の流れです。そこから絶えず流れ新しい情報に更新されていく中にある変わらないものの存在を表現していけたらと考えています。

昨年の東日本大震災より1年延期させていただき、1年という長くも短い時間を経て、震災以前に描いた博士号審査作品と以降に描いた作品を一堂に展示いたします。
この1年を通しての心境の変化と同時に、変わらぬテーマである流動的、継続的時間をテーマに作品を描いています。

『金銀・土と語る』展

日 程 2012年9月18日(火)〜9月23日(日)
  月曜休廊

『大野繁写真展 - Beyaz Anatolia -』

日 程 2012年10月9日(火)〜10月21日(日)
11:00〜19:00 (最終日は17:00まで)月曜休廊


て
て
て
拡大写真を見る>>>
プロフィール
1955年  東京生まれ
1980年  東京造形大学 卒業
現在  日本建築写真家協会会員
日本トルコ協会会員
さらに詳しく>>>
作 品 写真
コメント

白いアナトリア(カッパドキア地方)に魅せられ雪を求めて数年、冬のトルコに通っています。悠久の時の流れが大地を刻み、そこを人が穿ち一時営みを築く。祈り・暮らし・葬り、再び時の流れに委ねる。壮大な大地のドラマの舞台を雪が包み込むとき、厳しさの中にえも言われぬ美しい光景が立ち現れる一瞬がある。一度味わうと病みつきになる。同じ姿は二度と見せない、インシャラー!


過去の展覧会


ars gallery