過去の展覧会



長引くコロナ禍において現況は益々厳しさを増して来ており、「緊急事態宣言」が9/30まで再延長となり、
誠に残念ですがアルスギャラリー19周年記念展の開催を中止させて頂くこととなりました。
皆様方もご自愛頂きましてお健やかにお過ごし下さいませ!
なお、藤原氏の近々の展覧会は以下の通りです。
2021/10/15-11/15 藤原 彩人展「軸と周囲」ワグナー・ナンドール アートギャラリー (栃木)
2021/10/16-2022/1/16 笠間陶芸大賞展 茨城県陶芸美術館(茨城)
2023/4-6 第15回宇都宮エスペール賞受賞 藤原 彩人展 宇都宮美術館(栃木)

アルスギャラリー19周年記念

藤原彩人 展 「像化-軸と周囲-」

日 程 2021年9月14日 (火)〜26日 (日)
月曜日 休廊
時 間 11時〜18時(最終日は16時まで)
レセプション 9月吉日 16時〜18時

新型コロナウィルスの影響により、開催を中止とさせていただきます。

1975年京都府生まれ、栃木県出身
2003年東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了
2007-2008年文化庁在外派遣研究員として英国ロンドンに滞在(V&A美術館)
現在、東京造形大学美術学科彫刻専攻領域非常勤講師、他。
人体/生体を彫刻する上で、器のもつ内と外という二面性を発展させ、人間の内と外、存在と虚無、光と影といった、相反する二つの要素を同時に併せ持った像を、陶素材で表現している。他に彫刻の考察を主題とした教育目的の活動を行うAGAIN-STの活動等、彫刻を軸としたプラットフォームの確立にも関わっている。
近年の主な展覧会として「みる、ふれる、きくアート-感覚で楽しむ美術-」(栃木県立美術館 2013)、「Shizubi Project 4 ヒトのカタチ、彫刻」(静岡市美術館 2015)、「オープンシアター/KAAT突然ミュージアム2016」(KAAT神奈川芸術劇場2016)、現代美術実験展示「パースペクティヴ(1)」(インターメディアテク2017)、「いのちの交歓―残酷なロマンティスム-」(國學院大学博物館 2017)、「GESTURE」(gallery21yo-j 2018)、「土祭2018」(益子町内 2018)、「像化―雨の行方―」(gallery21yo-j 2019)など。




藤原 彩人

 建築家北川原温氏が設計したアルスギャラリーは「寡黙であることこそ無限の可能性を演出する」というコンセプトのもと、素晴らしい空間が作られている。しかし私はこの展示空間となる真っ白のキュービックな2つの空間に、正直、難しい印象を持った。それは完成された無の空間、それだけで十分な説得力を持つ無言の強いヴォリュームを持っているからである。
 例えばそれはドローイングも同じであると考える。真っ白な四角い紙は凛として張り詰めたモノとして存在している。その紙に絵の具で点を打った瞬間、それは失われる。しかし支持体となる紙と表現物となる線や色との関係を何かしら築くことで未知なる世界が創造される。
 私は制作において、一期一会に関係性を築きながら、モノとモノの関係性から新たな像を生み出すことを目的としている。それは展示も同じことである。
完成された空間は、作品を置くことで、もしかしたら壊れるかもしれない。だから故に、この空間に真摯に対峙し、緊張感を持って作品を「置く事」を楽しみ、作品と空間の関係性から生み出される可能性をこの展覧会で演出できればと思う。


スケジュール


RESONANCE MATERIALS Project 2021
「不可視〜存在の試行〜」

日 程 2021年10月22日 (金)〜31日 (日)
時 間 11:00〜19:00
「RESONANCE MATERIALS Project」は、今を生きる私たちにとって希薄となっている、重さ、大きさ、肌触り、光、振動などの身体的な認識を、素材を通して改めて見つめなおします。また、アートの持つ多様性や詩性、機智によって、感受性を開く場を生み出します。そしてその場に生まれる心の動きについて考察し、未来に向けて人が人らしく生きるための感性の価値を探求します。過去2回のミラノデザインウィークでの展示では、素材にこだわりを持って制作活動するアーティスト達の作品によって、鑑賞者との触覚的で体験的なコミュニケーションの場を生みだしてきました。初出展となる DESIGNART TOKYO 2021では、ガラスの塊を主な表現素材とする地村洋平と、木工を学び近年は植物を用いた表現を行う臼井仁美の2名アーティストが「不可視」をテーマとしてインスタレーションに取り組みます。「不可視」というテーマは、視えないことと同時に意識の外側にあるものへの気づきを意図しています。不可視という問いに向き合うこと、それは意識と無意識のスイッチングによる新たな価値視点への気づきの創造行為であり、存在の意味を多様化する試行なのです。

【RESONANCE MATERIALS Project 2021 公式サイト】
http://www.rmproject.jp

【DESIGNART TOKYO 2021 公式サイト】
https://designart.jp/designarttokyo2021

【GEIDAI FACTORY LAB 公式サイト】
https://geidai-factory.art

【感動創造研究所 公式サイト】
https://www.kandosoken.com




地村 洋平

2015年東京芸術大学博士課程修了。ガラス造形や金属鋳造を学び、日常的に素材を溶かす制作環境に従事。この経験から、熱を介することで導かれる事象に興味を持つ。ガラス、金属、熱したプラスチックを用いて、立体、平面、インスタレーションやパフォーマンス作品を発表。2021年 北アルプス国際芸術祭2020-2021(長野)、2019-2021年 Ai Mi Tagai exhibition(Tokyo×London)、2019年 個展「≠世界」千葉市文化センター/(公財)千葉市文化振興財団主催(千葉)

https://yoheichimura.website/

臼井 仁美

2010年東京芸術大学大学院美術研究科修了。先史時代に木器時代があったことを想像し、人間の自然への眼差しと古くからの営みに着目した制作を行う。工芸や民俗芸術へ関心を寄せ、美術との接続のあり方を探る。2017年TOKAS二国間交流事業プログラムにてヘルシンキに滞在。主な展示に2021年Ai mi Tagai 2021/遊工房アートスペース、2019年DenchuLab.採択企画ここに 暮す木、通う人/旧平櫛田中邸アトリエ、2018年 HIAP OPEN STUDIO/ヘルシンキなどがある。

https://hitomi-usui.tumblr.com/



ars gallery