スケジュール


RESONANCE MATERIALS Project 2021
「不可視〜存在の試行〜」

日 程 2021年10月22日 (金)〜31日 (日)
時 間 11:00〜19:00
「RESONANCE MATERIALS Project」は、今を生きる私たちにとって希薄となっている、重さ、大きさ、肌触り、光、振動などの身体的な認識を、素材を通して改めて見つめなおします。また、アートの持つ多様性や詩性、機智によって、感受性を開く場を生み出します。そしてその場に生まれる心の動きについて考察し、未来に向けて人が人らしく生きるための感性の価値を探求します。過去2回のミラノデザインウィークでの展示では、素材にこだわりを持って制作活動するアーティスト達の作品によって、鑑賞者との触覚的で体験的なコミュニケーションの場を生みだしてきました。初出展となる DESIGNART TOKYO 2021では、ガラスの塊を主な表現素材とする地村洋平と、木工を学び近年は植物を用いた表現を行う臼井仁美の2名アーティストが「不可視」をテーマとしてインスタレーションに取り組みます。「不可視」というテーマは、視えないことと同時に意識の外側にあるものへの気づきを意図しています。不可視という問いに向き合うこと、それは意識と無意識のスイッチングによる新たな価値視点への気づきの創造行為であり、存在の意味を多様化する試行なのです。

【RESONANCE MATERIALS Project 2021 公式サイト】
http://www.rmproject.jp

【DESIGNART TOKYO 2021 公式サイト】
https://designart.jp/designarttokyo2021

【GEIDAI FACTORY LAB 公式サイト】
https://geidai-factory.art

【感動創造研究所 公式サイト】
https://www.kandosoken.com




地村 洋平

2015年東京芸術大学博士課程修了。ガラス造形や金属鋳造を学び、日常的に素材を溶かす制作環境に従事。この経験から、熱を介することで導かれる事象に興味を持つ。ガラス、金属、熱したプラスチックを用いて、立体、平面、インスタレーションやパフォーマンス作品を発表。2021年 北アルプス国際芸術祭2020-2021(長野)、2019-2021年 Ai Mi Tagai exhibition(Tokyo×London)、2019年 個展「≠世界」千葉市文化センター/(公財)千葉市文化振興財団主催(千葉)

https://yoheichimura.website/

臼井 仁美

2010年東京芸術大学大学院美術研究科修了。先史時代に木器時代があったことを想像し、人間の自然への眼差しと古くからの営みに着目した制作を行う。工芸や民俗芸術へ関心を寄せ、美術との接続のあり方を探る。2017年TOKAS二国間交流事業プログラムにてヘルシンキに滞在。主な展示に2021年Ai mi Tagai 2021/遊工房アートスペース、2019年DenchuLab.採択企画ここに 暮す木、通う人/旧平櫛田中邸アトリエ、2018年 HIAP OPEN STUDIO/ヘルシンキなどがある。

https://hitomi-usui.tumblr.com/




ars gallery